ファーマーズ英語学習手帖

英語、英会話の勉強のこと、家庭農園など趣味のことを綴る個人的な手帖。

*

TOP

英語学習

英語学習では、できれば英語のまま聞くことが大切

英語学習の方法はいくつもありますが、何より英語圏に留学すれば、コミュニケーションしているうちに英語が身についてきます。現地の生の英語から学ぶのが、もっとも効果がありそうです。日本では中学校から英語を学ぶようになっていますが、何年か学んでいると英語を読むだけならできます。ところが、書く、聞く、話す、はどうもできるようになりません。ごく一部の優秀な生徒は日本にいながら、聞く、話すところまでできてしまうようですが、あまりそういう生徒はいません。英語を書く、聞く、話すことについて、かんたんなものであれば、どうにかわかります。I speak English. というのはかんたんな文章です。high skillという単語では、何も訳さなくてもそのまま意味が伝わります。それぐらい英語がこなれてくれば、すらすらと読めるようになります。for businessについても、そのままです。それらは多くの単語からいえばほんの少しの単語だから、英単語の意味を理解するうえでは、日本語が母国語であるかぎりは、いったん日本語で理解してから英語として聞くことが多くなります。文章が長くなり、あまり使わない単語がでてくれば、どういう意味かなといったん調べて訳して文章をつなげます。しかし、英語はなるべくそのまま聞いてすぐ理解する必要があり、そうでなければスピードをゆっくりにして、理解していくことになります。ペラペラと話すスピードに合わせるには、英語の状態で理解して返答するようなスピードが大切です。

スマートフォンを活用した英語の勉強の実践

英語学習を行う人は、スマートフォンのツールを活用する傾向が強く見受けられるようになり始めています。効果的に英語学習を進めることの容易な方法であると考えられるようになり、若い年代層の人を中心として、こうした英語の勉強方法が積極的に実践されているのではないかと思います。最近では、様々な形式で英語学習が進められるようになり始めているものの、スマートフォンという最も身近なアイテムを駆使することで、英語の能力が大幅に向上する可能性もあると多方面で認識されています。英語に苦手意識を持つ人にとっては、とりわけスマートフォンを利用した英語の勉強は効果的であると言えるのではないでしょうか。気軽にスタートさせることのできる勉強方法のひとつであるとされていることから、この数年は飛躍的にスマートフォンで英語の勉強を始める人が多くなっているのではないかと思います。アプリを利用することもその一環としてしばしば見受けられるようになりつつあり、英語の能力を着実に向上させることのできる可能性が高まっているのではないかと推測されています。今後もスマートフォンを活用しながら、英語学習を着実に進めていく人が、これまで以上に多く確認されていくのではないかと予測されています。そのため、これまでに比べて英語のスキルをしっかりと向上させる人が一層多くなり、本格的に英語の技能を活用する人も増加に転じていくのではないかと、強く期待されています。

英語学習を継続させるための工夫

英語に限らず語学というのは使わなければすぐにレベルが下がってしまいます。話す能力、聞く能力、書く能力、読む能力などどれも使い続けることでそのレベルが維持されます。そういうことから、レベルアップ以上にレベル維持のためにも英語学習の継続というのは大切なことといえるでしょう。英語学習の継続といってもモチベーションを持ち続けるにはそれなりの工夫が必要となります。よく言われるのが英語を学ぶことが目標となっていればなかなか継続できないということです。あくまで英語は手段ということで、その先の興味のあることを英語の情報で得るようにするなどすれば常に新鮮で英語に触れながらも気持ちをフレッシュにできるのではないでしょうか。英語のニュースを読んだり聞いたり、本やネットから情報を英語で得るということは英語学習のマンネリ化を防ぐことに役立つはずです。また学習の種類のそのものをサイクル的にするというのもひとつの方法です。読むことばかりになる学習が飽きればラジオ英会話や英語の動画ニュースなどで英語に触れるようにするとか、また独学的な学習が続けば、英会話ができるようなスクールやネットを使った英会話学習などコミュニケーションができる英語学習というのもいいと思います。また改めて中学高校レベルの文法を受験勉強的に復習するということも忘れていたり、理解できていなかったことも今となってわかるということもあり、レベルをあげたり維持したりするのにも一役買うことになり英語学習を継続させることができると思います。

英語学習の鉄板!ディクテーションの実践方法

英語学習で大切なのは、読む・書く・聞く・話すの4つのうち、どの能力に重点を置いて学ぶかです。今回は、「聞く」を鍛える方法をご紹介したいと思います。聞こえてくるための練習には、大きく分けて2つの方法があります。1つは、ひところ大変流行して今も取り組む人の多い、「聞き流す」方法。もう1つが、リスニング能力を高めるレッスンとしては定石の、「聞いたことを書き取る」方法。聞き流す方法は、英語の独特のイントネーションや、文章全体におけるアクセントの置き方、よくある言い回しなどを身に付けるのに役立ちます。それに対してディクテーションは、聞いた内容を正確に把握したり、具象だけでなく抽象にわたる高度な内容を英語で考えたりするのに役立ちます。
ディクテーションの方法は、
1.一時停止の出来る音楽再生プレーヤーを用意する
2.1に合う英語学習用の音源を用意する
3.音源を再生して聞き、一字停止して書き取る
4.書き取ったものを採点するの繰り返しです。
1は、iPodでもスマホでもラジカセでも、何でも構いません。2は、出来るだけテキストのあるものにしましょう。ニュースを扱ったものなどが最適です。テキストがあれば、4の採点が簡単だからです。最初は短く再生し、こまめに書き取ります。慣れてきたら、徐々に再生時間を長くしていきましょう。聞き取ったものを書きとれるということは、少なくとも単語レベルで意味がわかって聞いているということを意味しますし、書き取ることで「書く」力も少しは鍛えられることになるからです。聞き流す方法に比べると基礎的な文法やある程度の分量の単語を知っている必要があるため難しいですが、リスニングが必ず上達する方法と言えるでしょう。ディクテーションで「聞く」英語学習をモノにしてください。

TOEIC

TOEICで高得点を獲得する第一歩はその環境作り

英語力が素人だと「TOEICで高得点を獲得するのは無理だ」と、最初から決めつけてしまいがちです。留学したわけでも英会話スクールに通ったわけでもなければ英語力に不安を持つのは当たり前のことで、だからこそTOEICに対してもつい消極的な姿勢になってしまいます。しかし、そんな英語力素人であっても、勉強する方法と環境さえ整えれば高得点を獲得するのは決して夢物語ではありません。誰でも最初から英語力が身についている人などいないのですから、ズブの素人でもそれを向上させられないというわけではないのです。確かにそのスタートラインは遅れているのかもしれませんが、その分いろいろと吸収できるのびしろがあるともいえますので、悲観的になり過ぎず学んでいくことが重要です。TOEICで高得点を獲得したいのなら、英語環境に生活を変えていくことが必須です。とりわけ英文に慣れることは大事で、簡単な洋書を読むのも環境を変えることになります。わからない単語や英文がたくさん出てくるかもしれませんが、それは根気強く調べていくことが大事です。最初のうちはかなりしんどいかもしれませんが、調べて意味がわかってくると内容が入ってきますから楽しく感じられますし、その楽しさが英語を学ぼうとする気持ちにつながっていきます。それだけすればTOEICで高得点が獲得できるというわけではもちろんありませんが、最初はそういうところから始めて少しでも環境を整えていくことがTOEICで高得点を獲得する第一歩です。

解放テクニックよりも英語スキルの方が大事なTOEIC

受験には、色々とテクニックがあります。最もメジャーなテクニックとしては、消去法です。選択問題を解く時には、そのテクニックが活用されるケースは大変多いです。明らかな間違いがある選択肢は1つ1つ消去していき、正解を導き出す事になります。ところでTOEICという資格も、同じく選択問題になります。記述問題はなく、基本的には4つの選択肢から選んでいくことになります。ですので上記のような消去法を用いるのは、確かに一法ではあります。そして受験勉強をする時には、そのような解法テクニックを学ぶ方法もあります。しかしこの英語の資格の場合、テクニックだけでは通用しない一面もあるのです。消去法などを知っておくのは、マイナスではありません。知らないよりは、知っている方が良いでしょう。しかしTOEICは消去法を知っているだけでは、通用しない一面もあります。というのもあの英語資格は、心理学者なども関わっています。そして心理学者の方々は、解答者が消去法で問題を解いてくる事を知っています。つまり消去法だけでは、TOEICに通用しない一面もある訳です。解法テクニックを学ぶというよりも、やはり英語スキルを伸ばす方が大切です。英語スキルが伸びてくれば、必然的にTOEICのスコアも連動して上昇する傾向があるからです。解法テクニックはあくまでも補助的なものと位置づけて、純粋に英語スキルを伸ばす方が、TOEICのスコアもアップしやすくなると考えます。

大学進学などで優遇されるTOEICのスコア

TOEICという資格は、入学の難易度と大きな関係があります。というのも一部の大学などでは、その英語資格によって入学しやすくなる事もあるからです。例えばある大学の場合は、優遇制度を採用しています。まずその大学に入学するために、一般入試という方法もあります。ですがその大学の場合、TOEICにてある程度高いスコアを保有している方が、大学入試で優遇される訳です。TOEICで500点を取得している学生よりは、700点以上を記録している学生の方が、大学に入りやすい一面があります。ですので将来的にどこかの大学に入学したいと考えている高校生などは、TOEICでのハイスコアを目指して頑張っている事も多いです。また推薦入試などでも、TOEICによって優遇される事が多々あります。同じく高いスコアを保有している方々などは、大学に入りやすくなる事が多いです。また大学だけでなく、大学院などでも同様です。大学の中には英語力が高い生徒を優遇している事もあるのですが、そこではTOEICのスコアが高い学生などは、大学院に進学しやすくなります。まともに大学院進学を目指すとなるとハードルが高いですが、TOEICでハイスコアを取得していると、意外と簡単に進学できる大学院なども見られます。このようにTOEICは、進学と密接な関係がある訳です。人によっては、進学を有利したいと思っている事もあります。その場合は、この英語資格でハイスコアを目指してみると良いでしょう。

単語集の丸暗記だけでTOEICでの高スコアは記録可能か

英語に関する資格では、単語は必要です。その語学に関する資格としてはTOEICが代表的ですが、多くの方々は単語を重視しています。そして単語は確かに重要です。そもそも英語を習得するためには、必ず単語は必要になるからです。単語を全く知らない状態で英語を使いこなすのは、まず不可能です。それは日本語をイメージすると分かりやすいと思います。日本語の単語を全く知らない状態ですと、流石に日本語を話すのは不可能でしょう。ですので日本語を使うためには、どうしても単語は必要です。英語も同様ですね。ですので英語に関する資格で高得点を目指すためには、やはり単語を学ぶことは必要です。このためTOEICでの高得点を目指すならば、単語を学ぶことは必要にはなります。ただし英単語だけを学べば、必ず高得点が可能とは限りません。その英語資格での高得点を目指す為には、書店で色々と資格書籍や問題集などを見てみるケースも多いですね。書店に行くと、TOEIC英単語に関する書籍も多く並んでいます。ですので英単語集を使ってTOEICでの高得点を目指す方法もある訳です。ただしその英単語集だけでは、高得点は難しいですね。単語集を集中的に学習すれば、ある程度はスコアを伸ばすことは可能ではあります。しかし丸暗記の数が多ければTOEICで高得点を記録できるとは断言できません。英文法なども出題される訳ですから、単語力だけでは高得点は難しいでしょう。TOEICでは英語の「総合力」が大切だと考えます。

ビジネス英語・ビジネス英会話

転職の武器になるのがビジネス英会話

今働いている会社からどこか違う会社へと転職したい、そんな希望を持つことは時代的に贅沢な望みだと世間からは思われています。仕事があるだけでもありがたいのにそれを一旦放棄して転職を望むことは、自分が思っている以上に大勝負です。それが成功してすんなりと新たな会社へと切り替えられれば良いのかもしれませんが、辞めても転職先が決まらず無職状態で結局バイトをするハメになったりでもしたら目も当てられません。つまり転職をするならば確実でなおかつレベルアップできるような仕事をしていかなければならないです。そのためには転職において武器となる自分の力が必要で、ビジネス英会話ができるということも十分武器になります。誰でもできるわけではないビジネス英会話ができるとなれば、会社としては「ぜひ来て下さい」と積極的に誘うことも考えられます。特に海外進出を狙っているにもかかわらずグローバルな人材を有していない会社なら、ビジネス英会話のできる人材を欲してやまないです。それができるからといって即採用になるわけではないのかもしれませんが、それでも転職希望する人材を無下に門前払いするということはないはずです。そのらくいビジネス英会話ができることは転職の武器になりますので、希望をしているのならぜひともこなせるように仕上げておきたいところです。そうは思い通りにいかないのかもしれませんが、ビジネス英会話には転職を成功させるだけの力があります。

ビジネス英会話とキャリア形成のための海外勤務

会社内でのキャリアを確かなものとするためには、海外勤務について見逃すことはできないです。会社すべてが海外に拠点を置いているわけではないのですが、それでも海外勤務がキャリア形成をするうえで重要だというところは決して少なくありません。海外勤務を経たうえで出世していくというエリート街道をひた走ることができれば、将来に対してとても大きな希望を抱くことができます。その海外勤務において最も重要になってくるのは仕事そのものはもちろんのこと、ビジネス英会話ができるかどうかが非常に大切になってきます。逆に言えばいくら仕事そのものができていたとしても、ビジネス英会話が覚束なければ海外勤務を命じられることは少ないです。その点がまず基本としてしっかりしていなければ会社としても大事な海外勤務を任せられないですし、社員のことが信頼できなくなってしまいます。ビジネス英会話は一朝一夕でできるものではないからこそビジネスマンとしてのビジョンが問われていて、それができていれば会社から一目置かれる存在になれるのです。会社内でキャリア形成を試みることは周りとの兼ね合いもありますからとても難しく、言い訳のきかない厳しい競争になってしまうことは否めません。ただ、だからこそそこで委縮してしまうのではなく、積極的にビジネス英会話を身につけて海外勤務というエリート街道をひた走ることが大事で、そのためにビジネス英会話について勉強することは出世への近道だといえます。

会社から指示されてビジネス英会話を始めるケース

会社から指示されてしぶしぶ英語学習を行うケースでは、やる気があまりわかないためなかなか上達していきません。自らすすんで英語学習をするならまだしもそうでなくて会社主導で行う場合は、どうしても「やらされている感」が強くなってしまうので気持ちを前向きにできないのです。そうした中でいくら「ビジネス英会話を話してみよう」と努力したところで、結果はなかなか出ないものです。そういうときには、まず遠回りしても構わないのでとにかく英語や英会話を好きになるところから始めていかなければなりません。たとえば、通勤の電車内で簡単な洋書を読んでみる、砕けた内容の英会話のリスニングCDを聞いてみる、英語歌詞の音楽を聴いてみるなどが効果的です。それらならば意識としてはビジネス英会話を学んでいるというより、英語そのものを楽しむ感覚に近いためあまり苦労しているということにはなり辛いです。そうして英語や英会話のことをグッと自分の近くに引き寄せられれば、自然とビジネス英会話にも興味が持てるようになっていきます。そこまでの状態にもっていくことができれば後は少しずつ学んでいけば良いので、焦りや不安もかなり小さくなります。会社から指示されてやっているという感覚はかなりなくなっていきますので、そうしたほうが良いのは間違いないです。ですので、会社から指示されてビジネス英会話を始めるときは、まず英語や英会話が好きになれるように工夫することが大切です。

子供英語・子供英会話

行くのが楽しみ!遊びながら楽しく学べる子供英会話

ご近所の同い年のお友達と一緒に、うちの5歳の子が子供英会話の教室に通うことになりました。英会話ができたら素敵だろうなぁという軽い気持ちで子供を通わせることにしたのですが、ご近所の方は英語を楽しく学ぶことってとても大切なことだと真剣になって語るので、みんな子供のことをきちんと考えて育てているんだなとハっとさせられました。まだ5歳なので勉強というよりは、遊びで通っているような感じですね。子供は英会話教室がとても楽しみで、その日は機嫌が良いです。音のでるテキストがあるのですが、お気に入りなんですよね。うちの子は集中力がないですし、とても飽きやすいので続けることができるかなと思ったのですが、先生がとても楽しく教えてくれるので余計な心配しなくて良かったです。英語の歌を歌ったり、踊ったりなどしてイントネーションを身につけるんですよね。ゲームなどをしながら遊んで身につけるので、子供にとってすごく楽しいんだと思います。見ている親も楽しいです。色々なことをやってみたいと思う時期なので、英語を覚える力も素晴らしく、親の私はとてもびっくりしています。アルファベットを積極的に覚えようとしている姿を見て、頑張っているなぁ、かわいいなぁと思いますね。私は英語が苦手なので、子供が英会話ができるようになったらどんなにすごいだろうとワクワクしています。子供の習い事ってたくさんありますが、子供英会話を選んで良かったと心から思います。

便利な言葉「What‘s this?」で子供英会話

自宅で英語、使っていますか?親は家語が苦手だから無理!と言われる方も中にはいらっしゃいますが、人間は生涯学習する生き物です。ここはひとつ子供と一緒に挑戦してみる事をおすすめします。とはいっても難しい事をする必要はありません。たとえば、英会話教室などで、毎月レッスンの計画が立てられているかと思います。「What‘s this?」(これは 何?)などは、わりと早期に導入されている事が多いです。「It‘s~」で答えますが、単語だけでも別にかまいません。そうしたら、ぜひ家庭で「What‘s this?」と質問してみてください。家庭にある色々なものを聞いてみるといいでしょう。教材の中ですでに学んだ事のある単語がわかるのであれば、家の中でそれを指さして聞くのです。もしお子さんが答えられたら、ちょっと大げさに褒めてあげるのがコツです。一日この時間!と決める必要はありません。親子のコミュニケーションのシーンのどこにでも、チャンスはあるかと思います。もし親も子供もわからなかったら、一緒に調べるもよし、教室で先生に聞くのもよしです。今日は何個言えたかな?なんてゲームのように楽しめば、親子の会話も弾みます。もしかしたら、そのうちお子さんの方から「What‘s this?」なんて聞いてくるようになるかもしれません。簡単なやりとりですが、これも立派な英会話です。習ってはいても、家でなかなか英語を話してくれないお子さんは少なくありません。親が積極的に英語を家庭で使っていく事で、お子さんに英語を口に出すチャンスを作ってあげてみてはいかかでしょうか。

オンライン英会話

オンライン英会話で語学力アップ

オンライン英会話は実際に人に会わなくても英会話が旨くなります、インターネットを利用した通信を使うことで双方向の会話が出来るからです。発音や口の動きをしっかり見れますしまた録画などして単語のイントネーションなどを後で見ることもでき自分ペースで習得していけるからです。また自分が通う英会話教室よりは比較的安いものもありコスト単価を下げて安く出来るのもメリットですね、大手も参入してきておりそれだけ人件費が押さえられ一人の先生で数人をオンライン英会話で指導することが出来るからです。これが教室など借りたりすると場所の問題なども掛かってきてしまいますのでオンライン英会話で一人の先生で数人の制度を指導するほうがメリットも多く利益もでやすいです。また生徒などの人もわざわざ教室まで通わなくても済みますししかも自宅などやネットカフェなどの落ち着いた環境でしっかり習うことができるのはとてもよい条件ではないでしょうか。コーヒー片手にくつろいで英会話を学べますし録画したものを見ながら自宅で自分のペースでできるのはこのようなインターネットが発達したおかげてもあります、また海外の先生もイギリス英語やアメリカ英語など様々な先生がいるのも学ぶ機会にはよいですね、国柄があり発音も変わってきますので語学力の興味もでてきますし同じ単語でも発音は違ってきたりするのも面白いかもしれません、このように英会話を学べますし身に付けましよう。

オンライン英会話が便利な理由5つ

オンライン英会話は、教室での英会話レッスンに比べてとても便利です。その理由に迫ってみたいと思います。

1.場所を選ばない
オンライン英会話は、インターネットに繋がる環境とアカウントがあれば、どこでも受けられるのが特徴です。したがって、教室まで移動する不便さがないので、長く続けることが容易なのです。長く続けられれば、上達するのは必至ですよね。ここがまず素晴らしいポイントです。

2.時間を選ばない
オンライン英会話は時間を選ばないということ。講師が待機してくれている時間内なら、自分の隙間時間を使って英会話レッスンを受けることができます。また、予約の取り直しもしやすいので、急な予定変更があっても振替やすいということもメリットです。

集中しやすい環境もオンライン英会話の特徴です。オンラインの場合、講師とあなたとの間に、英会話以外の要素はほとんど介在しません。メイクが崩れた夕方も、起き抜けの間抜けな顔でも、気にせずレッスンを受けることができます。また、ほかの人の耳や目を気にしなくてよいので、英会話に本当に集中できます。

4.記録に残る
多くの場合、チュートリアルから始まって、自分がどのようなステップを踏んできたかが、自分専用のページで可視化されています。そのため、どのくらいの期間でどのくらい実力がついたか、わかりやすいのです。やりがいも感じられるので、飽きが来ないのではないでしょうか。

5.一度のレッスンが短い
これは意外と注目されていませんが、一度に受けるレッスンが短いことがオンライン英会話の良さです。一時間教室でレッスンを受けるというのは、忙しい人にとっては負担になりがちで、途中で辞めてしまう原因になりかねません。ところが、一回30分程度のオンライン英会話であれば、負担が少ないので継続しやすいのです。

以上、オンライン英会話の良さをひとことで言えば、「便利なので継続しやすい=実力がつきやすい」ということになるでしょうか。あなたも英会話レッスンの一形態として、考えてみてはいかがでしょうか。

知っておきたい子供向けのオンライン英会話サービス

小さい子どもに英会話を習わせてみたいけど教室へ通わせるのは危なっかしいので自宅で教えたい、そんな親御さんの要望に応えているサービスがあります。それはネットを利用することで使えるオンライン英会話のサービスです。小さい内から英会話を教え込んでおけば大人になってから楽ができるだろうと思い、英会話を習わせることに熱心な親御さんは少なくありません。子どもならまだ英語に対して何の抵抗感もありませんし、スポンジが水を吸収するようにどんどん覚えていくことに期待できます。ただ、だからといって英会話教室に通わせればよいのかというとそうでもなく、自宅で面倒を見ながら習わせていくのが最適だと考えます。そこで、オンライン英会話サービスを利用すれば安心です。それならば自宅から一歩も出ないため安全ですし、子どもが習っていく様子を間近で見ることもできます。その安心感はやはり絶大で、子どもが小さければ小さいほどありがたいです。子供向けのオンライン英会話サービスならば大人に比べて料金も安いですからお金のことを気にしなくても大丈夫ですし、いろいろと親にとって都合が良いサービスです。ブロードバンドで常にインターネット接続しているのならそれを英会話学習に活かしたほうが良いのは間違いないですし、そうすることによって子どもの教育に役立たせることができます。ですので、小さい子どもに英会話を習わせたいのならオンライン英会話を用いるという手段があるのです。

ビジネスのためのオンライン英会話スクール

英語を学びたいと考えている日本人はとても多いです。趣味で学びたいと思っているような人もいる一方で、仕事上で使うからという理由で学びたいと思っている人もいるでしょう。英会話はいろいろな機会で必要になるので、それぞれのシーンの利用目的に合わせたオンライン英会話スクールを選べると良いです。特に近年はビジネスの場で英語が必要になることも多々あるので、そのときに使える、通用する英語力を身につけるには、オンライン英会話が最適です。それはビジネス専用のためのスクールがあるからです。オンライン英会話スクールの中には、いろいろなコースがあって、その中にビジネスシーンのための英語を学びたい人用のコースもあるため、それを利用するという手がまずあります。さらいは会社自体がビジネス専門に特化したオンライン英会話スクールという場合もあります。どちらを選んでも構いませんが、目的がビジネスシーンで使える英語力の習得のためと決まっているならば、分け隔てなく英語を学べるようなところではなく、そういったビジネに特化しているところを選んだ方が、より効率的に、確実に自分の思い描いている目的を達成しやすいはずです。ビジネスで使えるような英語を習うために、英会話スクールを探している人は多くいますから、最近はビジネス分野に力を入れている会社も多く、選択肢はかなり豊富になっていると思います。そういった目的で英会話学習を始めるときには、ちゃんとビジネス専門で習えるところを探して、継続的に学習をしていきましょう。

公開日:
最終更新日:2016/06/19