英語を学ぶ喜びを再び思い出し始めている

英語を学ぶ喜びというのを最近は忘れかけていました。毎日日課でやっている英語の勉強にも身が入らず苦痛になってしまっていたんです。ですが、つい先日こんなことを知って、英語をやっていて良かったと思い、また英語を学ぶのが楽しくなったんです。
知人でも英語をコツコツと勉強している人がいるのですが、その彼がかなり上達しているのを知ったんです。たったこれだけのことなのですが、人間努力でなんとかなるものなのだと励まされ、また英語の勉強をするのが楽しくなったんです。その彼もわたしも同じようなレベルから始めたのですが、その彼はとにかく効率を考えて勉強していたんです。

彼はプログラマーなのですが、外部に公開するプログラムには必ず英語のドキュメントをつけていたのです。やりとりも英語でしていました。日本語で公開する日本人プログラマーが結構な数いるなか拙い英語でも勉強になるからとドキュメントを英語で書いていたのです。
いまではかなりの英語力がついてキチンと読めるであろう英語を書いているようです。最初の頃のものに比べて格段に語彙力も増えているのがわかりました。自分も見習ってどんどんと書いたりしていこうと考えています。やはり英語は使ったほうが覚えが早いでしょうからね。とはいえ、なかなか英語というのは日常生活で使うことってないんですよね。なんとか無理矢理にでも見つけ出して英語を使っていきたいと思います。日記のようなものでも構いませんしね。頑張りたいと思います。