小学生の頃から英語をしていてよかったこと

私は小学3年生から英語の個人塾に、小学5年生のときには更に個人の英会話スクールに通っていました。どちらも小学生の間は、英語に親しませることが目的のような学習内容でした。

おかげで中学生になり英語の授業を受けるようになっても、英語に苦手意識を持つことはありませんでした。特に英語の個人塾では文法を叩きこまれたので、入試や大学でも英語に苦労することはあまりありませんでした。英文法のトレーニングという教材で何度も英作文をしたおかげだと思います。少しだけ違う日本語の文章を延々と同じ構文で英訳するため、三単現のSや単数形か複数形かといった細かいミスをすることがぐんと減ります。

また英単語の綴りを覚えるのが好きだったので、大学生になってディクテーションの課題が出てもわりと簡単にこなせました。大学生になると文理や学科を問わず英語と関わる機会は巡ってくるので、英語は必須だと思います。

私はネイティブ並みに英語を話したり書くことはいまだにできませんが、小学生の頃から英語を始めていてよかったと思っています。できれば中学生になる前に1年間でも英語に慣れておけば、英語に対する苦手意識はかなり薄まると思います。もし私に子どもができたら、子どもには小学校高学年くらいから英会話を勧めてみようかなと思っています。中学生や高校生で今英語の勉強をしている人には、基本的な文法をしっかり身につけることと、英単語の綴りもできれば覚えて欲しいと思います。確かにワードにはスペルチェックがありますが、ある程度綴りを覚えていないと本当に大変です。