子供の英語学習は何歳から始めるべきか

日本における英語学習は徐々に低年齢化してきています。2020年度以降は小学三年生で英語学習が必修化されることが正式に決まりました。巷には幼児向けの英語教材や英会話教室があふれています。自らの子供時代とは状況が違うだけに、「いつから英語の学習を始めたらよいのか」、「どのような教材あるいは教室を選んだらよいのか」と頭を悩ませる親御さんも多いと思います。

なんて、もっともらしく書いてしまいましたが私も頭を悩ませているその一人です。1歳の息子がいますが、英語教育はどうしよう?と悩み、インターネットで調べたり本を読み漁ったりしていた時期がありました。息子にはバイリンガルになってほしいとまでは思いませんが、学校の英語で苦手意識を持たないでほしい、またあわよくば将来英語が必要な職に就いたとしても物怖じせずに話せるようになってほしい。そんな思いをもちつついろいろ調べた結果、私が出した結論はこの2つです。

その1.小学校入学までは英語教育はしない。

その2.小学生になったらKUMONの英語or英会話教室に通う

「小学校入学までは英語教育はしない」というのは、幼児期の英語学習が日本語力の成長を妨げてしまう可能性があるからです。ネィティブばりに英語を話せるようになってほしいというのならともかく、英語苦手にならないでほしいというくらいの軽い気持ちで幼児英語教育に手を出すのは非常に危険だと思いました。

「小学生になったらKUMONの英語or英会話教室に通う」というのは、小学三年生から英語が必修になるのであれば必修化される前に多少先取り学習しておいた方が苦手意識を持たずに済むかなと思うからです。私自身、小学4年生からKUMONの英語を習っていました。中学での英語学習にはスムーズに入れましたし成績もよかったので、学校での英語の成績をよくするという観点ではやっていてよかったと思っています。ただ、KUMONの英語は「英語を話す」能力を鍛えるという意味ではほとんど役に立ちませんでした。ですから、話す力を鍛えるためにはネイティブの先生と会話できる英会話教室がいいのではないかとも考えてしまいます。

ただ、じっくりコツコツやるKUMONがよいか、活発にコミニューケーションをとる英会話教室がよいかは子供の性格によっても変わってくると思うので、時期が来たら子供と一緒に話し合いながら決めていきたいと思ています。