英語の成績を上げるためにした私の英単語記憶術

中学二年生の二学期期末テストで英語を28点とってしまい初赤点となりました。学校の先生からもテストの成績について指摘され、頑張った結果二年生の3学期学期末テストでは78点、三年生になってからは最低点が90となりクラス内でも成績上位になりました。高校に入ってからは英語は学年1位をキープし続けたほどです。

私のした英語学力アップのコツは英単語記憶術です。英単語は熟語込みで、一日10個ずつだけ確実に覚えるようにしました。一日10個でって思われるかもですが、一ヶ月もすれば300個となかなかの量になります。覚え方はとても簡単で、朝学校行く前のトイレで単語を10個覚えるだけです。私は朝の大便で5分~10分かかるので、英単語10個ぐらいなら余裕で覚えられました。

問題は覚えてからです。この状態だとその時は覚えていても翌日にはほとんど記憶から抜けてしまいます。そこで私はふとしたことで思い出すようにしたんです。トイレをしてる時に思い出したり、食事中に思い出したりし、覚えてないものがあればまた覚えないしをする、こんな感じで一日の間で何度も思い出すようにしました。

こういう反復した覚え方をすると、なかなか記憶から消えないんです。翌日は新たに覚えた10個の英単語と昨日覚えた10個、合計20個反復して思い出し、その翌日にはさらに10追加で30個覚える、こんな感じでしてました。1.2週間経過すると英単語の量も多くなってきますが、ここまで覚えてるものってもう記憶から抜け落ちることはないんです。大体2週間以上前のものは毎日ではなく不意に思い出そうとする、これで十分でしたし記憶に残るようになりました。

こういうのを習慣づけてると記憶力自体が良くなるようで、高校生になった頃には一度見た単語はその場で覚えれるようになってました。記憶力向上だけでなく、英語が学年一位の成績になったということで英語自体が楽しくなってたのが大きいと思います。反復回数は多いものの、使用してる時間は短いですし何かしながらでも出来る英単語記憶術なので、なかなか英単語が覚えられないって人は一度試してみてください。